安全靴とは?

重量物を扱う作業現場などで履く安全靴と一般的な作業靴の違いを知っていますか?ここでは2つの違いについて説明していきます。

安全靴と長靴の違い

安全靴

安全靴の特徴はつま先部分が鋼板で加工されていて足を保護してくれることです。なので、重量物を扱う仕事などに適した靴と言えます。建築現場や工場内で働く人が利用することが多いです。

長靴

よく工事現場などで長靴を履いている人を見かけますが、この場合必ずしも安全靴とは限りません。長靴には防水加工の物や軽量加工されているものなど様々なものがあります。ただ、安全靴との違いは鋼板で加工されているかどうかということです。一般的に鋼板で加工されていない靴は安全靴とは違うということを知っておきましょう。

ブーツ

足を守るのに役立ちます

安全靴とは工事現場などの足に危険がある場所で足を保護するために使用する靴のことで、この場合には履き心地が良かったり足を疲れにくくしたりするような靴を購入できます。また、JIS規格で安全性や材質の規格が定められているので、この名前の靴の場合は目的に合ったものを選びやすいと言えるでしょう。そしてその特徴としては水や砂の侵入を防いだり耐熱性があったりするなど、色々な場合に適したタイプがあり、自分の場合に合ったものを探すことが大切です。

おしゃれな靴もあります

最近の安全靴では安全性が高いというだけでなく、見た目もきれいで職場での制服にも合っているという靴がたくさん販売されています。この場合には複数の色やデザインの中から選ぶことができ、さらにサイズは女性にも向いているような小さめのものも存在します。そしてきれいなだけでなく通気性が高かったり履きやすかったりなどの利点がたくさんある靴が多いため、その点でも選びやすいと言えるでしょう。またこのようなタイプの靴では、これを使う場所に行くまでの電車の中などでも人の目を気にせず履きやすいので非常に便利です。

こんな点を考えましょう

安全靴は足を守るためのものなのでしっかりと足に合ったものを選ぶことが必要であり、購入する前には履いた感じをチェックすることが大切です。この場合はまず全体のフィット感を確かめてみて、その後足の幅などがしっかりと靴に合っていて本当に足にぴったりかどうかを調べた方が良いでしょう。また、実際にその靴を履いて歩いてみることで足に負担がなくて歩きやすいということを確認することも必要です。特にこの靴の場合は仕事で使うような靴なので、時間が長くなっても履きやすいものを選ぶことをお勧めします。

注意する点もあります

安全靴を使用する場合の注意点としては、靴ひもをしっかりしめるなどして靴が脱げないように心がけるということがあります。また、かゆみやかぶれなど足の異常が出た場合には、我慢して履き続けずにすぐに履くのを止めることも大切です。そしてこれを利用するときは本当にこれが必要な場所だけにして、レジャーやスポーツなどには使わないでおくようにすることをお勧めします。

広告募集中