HOME>ホットトピックス>現場作業の制服に革命!空調服で快適さと効率化を実現

暑さに負けずに作業を効率化するアイテム

暑い夏の時期などの現場作業や野外での作業は、熱中症や脱水症状などの危険を常に伴っています。そこで人気が高まっているのが空調服です。空調服があれば暑い現場での作業も涼しさを保ちながら効率よく行うことが可能となります。需要が高まっているこの空調服にはまずどういったものが備わっているのかを見ていきましょう。

空調服の標準装備

  • ファン
  • リチウムイオンバッテリー
  • 長袖ブルゾン

涼しい作業服

作業服

工事現場などの作業場で安全性を保つためには、服装にもきちんと気をつけなければいけません。普段着で作業していては、アクシデントに巻き込まれたときに、肌を守ることが出来ずに怪我をしてしまう事態もあり得ます。それを避けたいのなら、作業服を着ればよいのですが、生地が厚いため夏場は暑くて着用するのが苦痛になってしまいます。その対策が行えるのが、空調服という作業着なので、夏場の気温に困っているのなら利用を考えましょう。

ファンつきの作業服

空調服が普通の作業服と異なるのは、ファンが付いていて、服の内側の換気がしっかりと行えることです。いつでも空気が循環している状態なので、気温が高かったとしても、涼しい状態で作業を行えます。もちろん、バッテリーが付属しているため、コンセントに繋ぐ必要はなく、どこでも自由に移動が出来ます。ただし、空調服によって換気能力に違いがあるので、涼しさを求めるのなら、ファンを廻すパワーが強い製品を選ぶようにしましょう。

ネットで買える

ホームセンターなどでも作業服は売っていますが、ファンつきのものを見たことがない方もいるはずです。そのときは、ネットショップを利用すれば、さまざまな種類の中から、自身が望む性能の空調服を手に入れられます。

広告募集中